病院とは何か考えてみた
                                    内科医  納  利 一  68歳
 鹿児島市立病院の新築移転が計画されている。イヴァン・イリッチの脱病院化社会を
再読しつつ、病院とは何かを考えてみた。
 消防署は非常時に備えて、十分な設備と人員をそろえて、日ごろは消火訓練と防火
活動を行なっている。もし出来高払いで消火活動に使用した水の量に応じた給与だっ
たら、どうなるだろうか。
 病院も消防署と同じように、常日ごろはゆとりをもって診療しながら、医療人の資質の
向上と次の時代の医療人づくりに多くの時間を注ぐべきであろう。
 例えばの話しであるが、川の魚の健康のためにと、魚の病院をつくり、高度な医療を
施し続けたとしたらどうなるだろうか。上流の森に木を植えて、水を健康にすれば、千
年後もその魚の子孫が生きている可能性があるだろう。
 火事は防火、病気は養生と予防。健康づくり、むらまちづくり。
                            2008年 (平成20年) 5月17日 南日本新聞 「ひろば」 より転載
医療ひとづくり機構
ひとづくり甲突川
地球的調和時代は世界的江戸時代から
清流の健康哲学ポスター